ナルアニーエの手記

p1

第1章


Prologue

大好きなおかあさま。懐かしいおかあさま。いかがお過ごしですか。おとうさまはお健やかにお過ごしでしょうか。妹たちがどうしているか、生まれたばかりだったユリアンがもうどれくらい大きくなったかしらと、よく家族のことを思い出します。
でももちろん、私はとても元気です。ここへ嫁いでまだ三ヶ月ちょっと、前のお手紙で泣き言を書いてしまいましたが、心配かけて申し訳ありません。もうすっかり馴染んできました。未だに慣れない言葉や習慣には戸惑いますが、こちらの方々は私をかわいがってくださいます。夫はジノーと同じ年の生まれで、二十一になったばかりの若さです。兄のイメージのせいか、お会いする前は、結婚するにはまだ若いのではないかと心配でしたが、私もとっくに兄の年齢を追い越してしまっています。生きていれば兄もこのような若者だったと思うと不思議な気分です。彼はマーセントリウス王に似て勇敢で、正義感が強く、冒険好きな方です。不器用でどうしようもないですが、考えてみるとまあ、優しいと思います。どのように優しいかというと、不器用な言葉や態度で、優しい思いを私に一生懸命投げかけてくれるところが優しいです。おかあさまの旦那様のようには美しい方ではありませんが、このような方が私の夫になったのはとても幸せなことですね。
マーセントリウス王もお后様も私を実の娘のようにかわいがってくださっています。おかあさまはここでとても愛されていたのですね。おかあさまのことを話す皆の顔や口調でとてもよくわかります。マーセントリウス王は私の三人目のおとうさまということになります。どのおとうさまも私にとって大事な方々です。だから、心配しないでください。本当のおとうさまが亡くなったとき、おかあさまは私のために泣いて下さいました。おかあさまがご自分のおとうさまおかあさまを早くに亡くされたから、私が不幸になってしまうとお思いになったのでしょう。でも私は、おかあさまの愛情を存分に受けて育ち、そしてこうして今皆に愛されて幸せでいるのです。私を産み育ててくださったおかあさまに感謝の気持ちで一杯です。離れてみてことにそう感じます。おかあさまと、おとうさまが、いつまでもお健やかに、そしてお幸せに日々を過ごされることを、遠い北の国から、お祈りしております。
ナルアニーエより

第一章 ****************

私は大好きな家族と別れ、この北の国に嫁いできたばかりです。私は北の第一王子ルーディンと結婚しました。私の母は亡きマスコルド王の娘で、マーセントリウス王の従妹です。私の夫はそのマーセントリウス王の息子、ということになります。
ただ私は外国で育ったので、この国のことをあまりよく知りません。言語だけはかろうじて母に習っていました。母はとても賢く教育熱心な人でした。母と私たち兄妹は、実の父が亡くなってから一年ほど塔に幽閉されて暮らしていた時期があったのですが、その頃にも毎日、母が壁や床に文字を書いて外国語や古典を教えてくれました。あの日々は今思い出しても涙が出るほどつらいこともありましたが、母はいつも優しく朗らかで、つらい環境の中であればあるほど、私たちを安心させようと穏やかに微笑んでくれました。だから私も妹のマルセも安心して生きてこられたんだと思います。
私が知っているのは物心ついてからのことですが、両親だけでなく母の侍女のオーラン夫人からも、私が生まれる前のいろんな話を聞いています。
母がどうして父と結婚することになったのか、大人になった今考えると、とても大変な事態だったのだと理解できます。とにかく母の半生は波瀾万丈だったと言えるでしょう。
母は私の父と結婚する前に、既に結婚して夫と死別していたそうです。そういった話は、国では私にとってよくないと考える人が多かったのか、誰もちゃんと話してくれなかったので私もよくは知りません。ただ、東の国にいる王子が母の息子だということは何となく耳に入っています。北の宮廷に嫁いでから耳にする機会が一度ならず有りました。その辺りのことは今までの私の人生の中で大して重要でなかったので、また別の機会に調べてみようと思います。 私が話そうとしているのは、母が父と結婚することになった経緯からです。
お話しする便宜上、母も名前で呼ぶことにしましょう。母の名はレーテルアルと言います。でも父が彼女をグロリアと呼んでいたので、私も彼女をグロリアと言いましょう。
グロリア王女が最初の夫を亡くした後、再婚話はいくつも有ったそうです。なにしろとても美しい人でしたし、それに彼女との結婚には利権も絡むのですから。特に熱心に求婚していたのは南の国の王子でした。でもマーセントリウス王は二人の結婚に反対でした。それは、かつてグロリアが南の王子との婚約を破棄して、最初の夫と結婚してしまったからです。それでもグロリアを諦めきれなかった南の王子レイモルドは、彼女に会って何度も求婚しました。グロリアはもちろん躊躇い、断り続けながらも、心は揺れていたようでした。側近のオーラン夫人にも、受けるべきかどうか相談していたそうです。
ところが、大変なことがありました。グロリア王女は北の国内にいくつか領地を持っていて、一度その中のひとつ、アヴォネーの城へ行くことにしました。東の国との国境付近にある土地です。事情はわかりませんがとにかく彼女は宮廷を離れました。それが大変な事態を引き起こしてしまうとは誰も予想していませんでした。
アヴォネーへ向かったグロリアの一行は、途中大勢の兵に襲われ、グロリアと彼女のお側にいたオーラン夫人は彼等に略奪されてしまったのです。彼女を連れ去ったのは、かねてよりグロリア王女に執心していたハンブランゲル皇帝でした。
皇帝は彼女をさらうと手勢を引き連れものすごい勢いで逃げました。もちろん、帝国へ戻れば皇帝も強大な軍事力を行使できる身ですが、引き連れていた数十名の騎士では、北の何万もの兵に対抗できません。北の国を出て、東の国を通り抜け、そして帝国領に入るまでに追いつかれたら、皇帝といえどひとたまりもないのです。
もちろん、マーセントリウス王は追いかけてきました。昼夜分かたず馬を走らせ、脱落者も顧みず、王は先頭きって追いかけました。でも差はなかなか縮まりません。もともと都から離れた場所で彼女は略奪されたのだから、追いかける方が不利でした。
母グロリアにそれは恐かったことでしょうと聞いてみたところ、彼女自身はそれほどでもなかったようです。なにしろ彼女は美人ですから略奪されることは度々有ったそうだし、戦争で人質になったことも有ったそうです。私も母のように美人だったらと思うことはありますが、でも分相応、という言葉があるように、人はそれぞれ持って生まれた分をわきまえねばなりません。私には母の神経がわかりかねます。私は自分の幸せをかけがえなく思っているからそれでいいのです。

さてさらわれたグロリア王女の話ですが、皇帝は東の国をまっすぐ突っ切って帝国領へ出ると思っていたのに、どういう訳か途中進路を変えてわざわざ東の都ゴーターへやってきたそうです。政治的なことはよくわかりませんが当時東の国は帝国に頭が上がらなかったそうなので、東の王は行く手を阻むこともできず、わざわざ立ち寄った皇帝に挨拶に出てきました。
「詳しく話している時間は無い。スムーズに関門を通れるよう先々の街道の通行を正式に許可してもらいたいのと、それからひとつ頼みがある。」
皇帝はそう言ったそうです。
「今すぐ、王子を連れてきて、一時でいい、この婦人に抱かせてやってくれないか。」
そう言われて初めて東の王は皇帝の側にいたグロリアを見たそうです。グロリアもびっくりして東の王を見ました。彼等は初対面でした。そして目の前にいるのが東の王だということもグロリアはその時まで知らなかったのでした。
すぐに侍従に抱かれて来たのはまだ小さな王子でした。王子は物心もつかない様子で、生まれてまもなく引き離されてしまったこの女性が誰かさえわからないのでした。彼はグロリアの腕に預けられ、グロリアは泣き崩れました。これが孫の母親なのだと知った東の王は皇帝に、グロリアをここへ置いていってくれるよう懇願しました。しかしそれは聞き入れられませんでした。知らない人に抱かれてびっくりした幼い王子は、グロリアの手を逃れ、祖父の方へ手を伸ばして泣き出しました。王子が東の王に抱かれるのを見ながら、しばらくして、グロリアは皇帝に言いました。
「もう十分です。帝国に参りましょう。」
もう涙は見せませんでした。東の国が帝国と仲違いしこの王子の将来に悪いことが起こるのを彼女は恐れたのです。
彼等はすぐにゴーターを出発しました。後でわかったことですが、北の王がゴーターに到着したのはこの半日後だったそうです。マーセントリウス王は、突然のことで事情を理解していなかったとはいえ王子の将来を案じてグロリアを守らず皇帝を逃がしてしまった東の王を非難しました。でも北と東の仲が良くないのはこの時から始まったことではありません。マスコルド王やその前の王の時代から仲は良くなかったし、その後諍いがあったらしく特にマーセントリウス王の東の国に対する心証は悪かったのです。でも、グロリアの息子である小さな王子を見て、マーセントリウス王の気持ちも和み、それ以上何も言わず、また皇帝を追いかけて行ったのでした。

しかし、皇帝はぎりぎりのところで北の王の追跡を振り切り、帝国領へと逃げ戻りました。今度はマーセントリウス王の方が、敵地にそう無謀に入っていけず、一度諦めるより他ありませんでした。王女を奪われてしまった北の騎士達は涙を流して悔しがりましたが、仕方ありません。今度は早く帰って戦を仕掛ける準備をせねばなりません。グロリアが彼女の望まぬ事態を強要され兼ねないのでぐずぐずしてもいられません。
帝国領の奥深くに踏み込めず去っていく北の王の一団をグロリアは寂しい思いで見ながらも、弱気に泣いたりはしませんでした。彼女はとても気丈な人間です。
そんなグロリアを皇帝はとても気に入って、丁重に扱いました。彼女の望まないことは決してしませんでした。もともと女性に不自由していない方です。妃を手に入れることに関して全く焦ってはいませんでした。手の内に収めてしまいさえすれば、結婚はグロリアの承諾を引き出してからでも遅くはなかったのでした。
皇帝が正式な后をこれまで置かなかったのもそれほど切羽詰まった必要を感じていなかったためで、そろそろ跡継ぎをと周囲にしつこく言われるものだから、やっとお后捜しに本腰を入れて諸国を回っていたところでした。だからグロリアともだいぶ歳が離れていて、当時彼女が二十歳そこそこだった時に、皇帝は三十代後半か四十にはなっていたことになるでしょう。
グロリアは立派な部屋を与えられ、たくさんの召し使いが彼女に仕えました。

ところで帝国の言葉は、私が母語としている南方語です。母は北の出身なので北の国や東の国、西の国で使われている北方語が母語だと思いますが、彼女はとても教養があったので、南方語を自在に使うことができたそうです。きっと今北の国へ嫁いできて言葉に苦労している私のような苦労は無かったことでしょう。いえ・・・苦労が有ったとしても私と違い、彼女は泣き言を言う人ではありません。 でも、彼女は多分彼女に求婚していた南の王子に対して何か心が残っていたのかもしれないと私は思います。これは勘でしかありませんが・・・。だから、彼女は皇帝に結婚の承諾の返事をしませんでした。
そうして待っているうち、当然、マーセントリウス王がグロリアを取り返しにやって来ました。南の王子レイモルドも一緒です。皇帝は北の王だけでなく南の王子も敵に回してしまったことになります。帝国領と国境を接する南の国が北を後援すれば帝国にとってもありがたいことではありません。
とはいえ、皇帝はグロリアを返す意志が無かったものですから、当然受けて立ちました。
戦争の時代とはいえこういつも戦の渦中にいるグロリアも気の毒といえば気の毒です。しかし、その為に戦う者達も気の毒です。指揮を執る方はもう少し冷静に物事を見るべきなのではないかと思います。戦を知っている人ならわかると思いますが、騎士達の戦いは血みどろになり両者全滅するまで殺し合う時とそうでない時があります。戦をしたという形式だけ欲しくて籠城する城をだらだらと攻撃してみたり、また仲の悪い領主達が年中行事のように毎年形ばかりのチャンバラをして死者ゼロの戦も有ります。労働者でない騎士階級とは、平和な世の中では暇をもてあましているのです。どのような戦をすべき時か見極め、引き際を心得ることも、この時代の騎士の重要な能力の一つでしょう。ところが、マーセントリウス王は死を覚悟した攻撃を皇帝に対して仕掛けてしまったのです。
本来、王女を奪われたとはいえ皇帝のような方が正式な后にするために連れ去ったなら、奪われた側が威信の為に戦を仕掛けるのは当然としても、一国の王が死ぬ程の危険を冒すべき戦ではないそうです。いえ、それは母グロリアが私に言った言葉です。母に言わせると、グロリアの為にマーセントリウス王が自分や自分の騎士達の命を捨てるべきではないそうです。どうしてそんなことを言うのか私にはよくわかりませんでした。もしグロリアが皇帝との結婚を望まず、まして、他に結婚したい人がいるのであれば、他の男達がグロリアを助けに来るのは当然のことではありませんか。母は当時の気持ちを忘れてそんなことを言ったのかもしれませんが、でも確かに、この戦でたくさんの騎士が死んだのを思うと、知らない人々ながら、大変心が痛みます。彼等の魂の為に祈るばかりです。



次へ

戻る

画像STAR DUSTより
written by Nanori Hikitsu 2005