二月はじめに・・・更新履歴


2014/6/24,以前利用していたトップページのアクセスカウンターサービスが先月終わってしまったので、設置し直したらカウントがゼロになってしまいました。数字は本日からのカウントです。

2014/4/15,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P46更新。ラウンドの女王編完結しました!こういう総会をやっている民舞はほとんど無いと思います。多くの大学民舞サークルが創立60周年以上経っているようです。伝統が有るということは悪しき因習もある、ということも少しだけ臭わせてみましたが、基本皆のんきにやっているので、実際はそんなにこわくないです。私も知らない新しい世代の新しい民舞に今後も大いに期待しています。フォークダンスに幸あれ。連載再開から2年、読んで下さった皆さま、応援して下さった皆さまありがとうございました!

2014/4/1,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P45更新。"I just call to say I love you"は私も10年以上前に一回引きずられながら踊ったことがあるくらいで、踊りが全然わかりません。ちゃんと描写できずすみません。でも本当いい曲です。本当にいそうな名前のマリ・トドロキちゃん。民舞の方にはぴんとくるかもしれませんが、ブルガリアの踊り「マリ・トドルケ」から来ています。「Mari Todorke」を調べようとグーグルで検索すると、「もしかしてMari Todorokiですか?」って聞いてくれました。曲名は「ねえ、トドルケ(女性の名前)」という意味らしい。さあ次回がラストです。
2014/3/18,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P44更新。いよいよえりこの出番! クライマックスが近付いてきました。ラブチャ事件は人づてに聞いたところ実際有ったらしい……詳細は知りませんが。
2014/3/4,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P43更新。リアルには無い大会ですがあんまり突拍子もない盛り上げ方してもしょうがないので、リアルな感じで普通に踊ってます。大阪工芸繊維大学って(笑)架空の大学名ですが、昔はこのモデルとなった大学と、京都マドンナ女子のモデルとなった大学の民舞が実際に関西にあったようです。
2014/2/17,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P42更新。最終章「Queen of Queens」始まりました。いよいよ全日本学生ラウンドダンス選手権の開会です。真の女王はえりこか? 歌子姫か? それとも……。
2014/2/4,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P41更新。第7章が終わり、次からいよいよ最終章です。1年の美少女花音ちゃんと、これからどうなるのか。ちなみにこの花音ちゃんは「かのん」ではなく「かおん」ちゃんと読みます。どっちでもいいけど、書いてるとどうしてもかおんちゃんだという気がして来てしまって。さあ次回からいよいよラウンド大会、始まります!
2014/1/21,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P40更新。いよいよラウンド大会と総会が近付いてきました。練習にいそしむえりこと富田くん。そんな時突然花音が……。外で踊るのは大変です。本当はダンスシューズで練習したいところです。
2014/1/7,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P39更新。花音ちゃん達が踊るラウンドダンスは……?
2013/12/24,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P38更新。えりこと富田くんのラウンド選手権に向けての練習が本格的にスタートしました。えりこの弱点、富田くんの弱点もだんだん見えて来ます。
2013/12/17,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P37更新。第7章「ドヴィジダネ麗しのお姉さま方」始まりました。ドヴィジダネはブルガリア語で「さようなら」という意味です。
2013/12/3,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P36更新。これでとりあえず主要ライバルは登場しました。これで第6章「ライバルたちのパーティシーズン」終わりです。関東フリー校の秋のパーティシーズンはこのような感じで行われています。が、実際そんなに激しいドラマは無いと思います。また、出て来る大学や民舞人は、たまに似た感じの名前が出て来るかもしれませんが全てフィクションですのでご了承ください。くれぐれもよろしくお願いします。
2013/11/19,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P35更新。秋のパーティの様子をいろいろと描写したかったのでつい民族衣装の上にコートを着た子なんか出しちゃいました。ベール被って現代風のコートっていうのも実はよく見る光景です。指導部候補者たちの話合いは実際に有った議論ではありません。全部創作です。
2013/11/5,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P34更新。ここは繋ぎのような部分ですが……話がなかなか進みませんね(´・ω・`)でも花音ちゃんとのこの場面は一応後にも影響してくるので書いておかなきゃ……っていうこういう場面は読者を飽きさせずにどう書くか、ちょっと勉強しないといけないですね。
2013/10/22,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P33更新。さて新たな男の子がメインの位置に登場です。富田くんは以前からちょこちょこ出て来てはいるのですが。いよいよラウンド選手権に向けて練習が始まります。彼らはどんな曲を選ぶのか?
2013/10/8,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P32更新。えりこの過去……暗い少女ですねえ。ミハエル・ネグリンは私も好きですが高すぎて買えません! イスラエルのフォークダンスはいいですね。だけど、近頃はシンセサイザーを使った壮大な音楽をバーンギュルルルルとかけてぐるんぐるん回ったり難しい複雑なフィギュアを織り込んだりすごい力を入れて振り付けしているみたいで、ちょっとああいうのに疲れて来た人は結構多いみたいですね。
2013/9/24,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P31更新。とうとう登場した橘蘭子さん。華栄女子短大フォークダンス部の指導副部長です。華の有る正統派美少女の歌子姫と、ちょっと影の有る美人らんさん。女子大FDCの華やかな人間関係が見え隠れします。ま現実にはそんなに美女ばかりいませんけど、民舞に可愛い女の子はいっぱいいます。ちなみに、歌子姫のことを「歌子姫」って呼んでいるのはらんさんと、えりこ以外の他大学の人達だけのようです。えりこもそう呼んでいません。彼女が口に出す時は「歌子さん」です。
2013/9/16,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P30更新。プロブディフスカ・コパニッツァは一旦覚えるととっても楽しい踊りです。(ブルガリアの)プロブディフ地方のコパニッツァ、という意味だと思います。
2013/8/27,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P29更新。おや? 花音が妙な動きを? 51師団リールは結構好きです。でも文章にするとなかりややこしいです。非常に頭を使います。ここでもっと詳しく描写しようかとも思ったんですが、限界です。これ以上は読んでいて楽しくないかもしれません。だからあまりごちゃごちゃ書いても仕方が無い……と思って……正直諦めてしまいました。リールをもっと詳しく書くチャンスが有ったらそこでもうちょっと力を入れて描写しようと思います。有るかなあ? 需要があるのかどうかすらわかりません……。
2013/8/13,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P28更新。花音ちゃんってこんな子だったんだ……えりこは驚きます。この子もなんだか女子校出身者みたいな感じがしますね。ハンガリーブダペストの「タンツハーズタラールコゾー」は日本でも模擬イベントをすることがあります。興味のある方は検索してみてください。ダンサー向けのイベントですが飲み物食べ物も出て誰でも見学することができます(入場料はかかります)。
2013/7/26,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P27更新。いよいよえりこのキャバリート・ブランコのコール。コールっていうのも結構大変なもので、えりこは終わるまで歌子姫のことをぐじぐじ考えている暇もなかったかもしれませんね。
2013/7/12,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P26更新。初めから危なっかしさがあったけれどついにえりこと歌子姫との関係に亀裂が。そして1女の花音ちゃんはどんな子??女らしい子、私も好きです。今回は表現に骨を折りました。新しい辞書が欲しい……。
2013/6/25,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P25更新。夏が近づいて来て夏合宿のイメージが描き易くなりましたがもうすぐ全日程が終わりそうです。歌子姫のサークル内での立場があきらかに。
2013/6/7,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P24更新。百草丸というのは吐き気止めの漢方薬で二日酔いなどに効用があります。今回は合宿の一場面みたいになってしまった。次回ちょっとまた動きがあります。
2013/5/12,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P23更新。メヒコの踊りについて少々書いてみました。メキシコのスカート振りは大学によってやりかたが結構違ってましたね。でも普段の例会やパーティでは皆普段の練習用スカートをはいて、手だけ長いスカートを振っているかのようにぶんぶん動かすだけなのでそれを見ている分には大学ごとの違いはあまり見られません。佐藤さんの台詞は私が現役時代に引退する先輩にそういう趣旨の事を言われたのを少し違った形で再現しました。このまんま言われたわけではなくほとんど私の創作ですが。でもそれ以来私は(団体に所属していた時以外)必ず記帳などの所属欄に○○大OGと書いています。私は○○大育ちのフォークダンサーです。
2013/4/21,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P22更新。け、警察を批判するような感じの事を書いてしまった。風営法ってのはここ最近急に話題になってますね。学校でダンスが必修化するくらいだからもっと法律を見直すべきだと思います。
2013/4/2,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P21更新。これで半分くらいと思ってたけど、まだまだつづくかもしれません……。芋煮会は昔から本当に東京でもやってます。
2013/3/11,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P20更新。今回は女性の踊りについて。また新たな人物を登場させてしまいました。高槻るりあ、さかなちゃん、どっちも好きです。今後も出て来ます。どれくらい重要な人物かは秘密。でもでも、登場人物多すぎるよ! まだこの先も新しく女の子出て来ちゃうよ。だけど、現実にサークルっていろんな人がごちゃごちゃいるもんだと思うんですよね。特に大野女子と福徳大の民舞は人が多いという設定だし。各学年が何人いるかとかも既に決めてしまっているのです。
2013/2/23,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P19更新。部長、指導部長、渉外部長の「女子御三家」の皆さんは小説ではかなり権威の有る立場のように書かれていますが、実際は大学によります。役職名もいろいろです。でも指導部長が或る程度尊敬されているのは間違いないと思います。

2013/2/6,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P18更新。フォークダンス部は一つの大学で活動しているところと、女子大の女子と提携校の男子で一緒に活動しているところがあります。女子大は女子しかいないので他大学と提携しないとやっていけないことが多かったのです。
2013/1/22,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P17更新しました。ちょっと面倒な話になってしまったのですが、他大学と交流が有るサークルで宗教問題って多かれ少なかれ話題になるんじゃないかな? と想像し。真魂教はもちろん実在の宗教では無く、特にモデルもありません。私のキリスト教に関する知識もあまり正確ではありません。あと、どの宗教ならよくてどの宗教はだめとかいうのは嫌だし、キリスト教の学校だからかっこいいという風には描かないようにしています。どこも普通の大学で、皆普通の大学生です。よろしくです。あーやっぱり面倒な話にしちゃった。
2013/1/7,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P16更新しました。話が何か変な感じになってきましたが恋愛ものではないので今後あまり際どい描写はありません。多分。表現がなんかあれだなあ。。。今回フォークダンスの基礎知識のページを作りました。今後も適宜内容を追加して行きます。ご参考まで。
2012/12/22,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P15更新しました。今回はポーランドの民族舞踊について確認のためいろいろ調べちゃったけど調べれば調べる程わけわからなくなりました。普段そんなこと考えながら踊ったりはしません。
2012/12/7,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P14更新しました。歌子姫の本性がだんだん現れてきました。えりこちゃんも根暗でまじめなくせにちょっとはじけたとこありますね。声に出さないで延々と心の中でつっこみいれたり。
2012/11/22,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P13更新しました。春木氏がやっと再登場です。S大学の名前を伏字にしている理由はいずれ説明しますが話の本筋ではどっちでもいいことなのです。何故S大にしてしまったのかはっきりした理由は無いのです。が、私の中ではS大はS大なのでこのままでとりあえず突っ走ります。裏設定が有るので。特定の大学を意識したわけではありません。でも、結局そうなるのかな?
2012/11/8,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P12更新しました。「ラチニッツァ」の正確な意味について、大学時代の民舞人の友「フォークダンスの基礎」という我が校の冊子の記述を確認したら、「この名称がリズムを指し示しているのかあるいはこのリズムを持つ踊りの総称であるのかは筆者ははっきりしたところはしらない」「正確な知識を知りたい者は各自研究せよ」とのお言葉! なんつーいい加減な! と思ってネットで調べたけどどっちかわかりませんでした。指導部のせんぱーい! 誰か〜!
2012/11/1,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P11更新。今回はちょっと繋ぎみたいな部分で短いです。うーん。結構どうでもいいくだりかな?
2012/10/19,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P10更新。登場人物一覧も更新しました。前の話の最後の段落を前回入れそびれていて…無理矢理P10のはじめに詰め込んでしまいました。今回は一般的な学生フォークダンスサークルの実情を。でもでも、これはかなり極端に脚色しているので実際はこんな濃くないと思います。身バレがちょっと怖い所ですが創作なのであんまり深く考えないでくださいね。。。
2012/10/5,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P9更新。前回より更に長くなりました。歌子姫、って呼びかけると自然と敬語じゃなくなりそうですよね。それが本人の狙いだったのかな?? "There's a kind of Hush"も"Snow bird"も"Could I Have This Dance"も本当良い曲で大好きです。ラウンドの踊りもすごく綺麗ですよ!
2012/9/18,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P8更新。夏合宿に入りました。今回はちょっと長くなってしまいました。キャラがどんどん増えて、小説は迷走していきます。
2012/9/8,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P7更新。今回は短いです。次から合宿に入ります。
2012/9/3,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P6更新。時間かかったけどなんとか更新しました。話はやっと最近書いた部分に入りました。今回はメキシコのフォークダンスについてちょっと書きました。でも踊りの「ステップ」に関しては大体読み飛ばして頂いて結構です。小説という形で書いているのでフォークダンスを知っている人には余計な説明だし、知らない人には説明が絶対的に足りないのです。今後こういう部分に関してどう書いていくかを工夫しないといけないなと思います。で、やっと出て来た歌子姫の踊り。この子がまた重要人物になって行く予定です。何かめんどくさいことになるんですが、どうぞ歌子姫をよろしく!
2012/8/25,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P5更新。また期間が開いてしまいました。これも2005年に書いたもので…すみません。次回からは最近書いたものになりますのでお付き合い頂けたら幸いです。ついでに登場人物一覧も更新しました。なんだこの人数の多さは!!更にもうちょっと増えると思います。
2012/7/30,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P4更新。気がついたら前回の更新からしばらく期間が開いてしまいましたが、ここも2005年に書いたものです。せっかくまた新しい人が登場したのに、この人もちょっとの間また出て来なくなります。。。私がなかなか男の人をメインに入れたがらないので春木氏も冷遇されてます。ごめん。祐天寺のようなアホキャラにはしないつもりですが。

2012/7/18,「フォークダンスの神が降臨する」ラウンドの女王編P3更新。連載再開です!…でも実はこの辺り、2005年に書いてあったのです。この話結構長くなりそうです。長いこと桃子ちゃんに主役の座を奪われていましたがもともと主役はえりこちゃん。この地味な彼女は指導部長になれるのか? そして真のラウンドの女王の座につけるのか?

2011/2/19,「グロリアの物語」番外編「お兄さまへ」更新。全3ページです。本編が終わって10年ほど経った、レイモルドとクララの愛の往復書簡。本編で主人公グロリアが14歳の時からお話が始まっていることから、クララの年齢を14歳にしてみました。クララの方が大人っぽいかな? レイモルドのお兄さまっぷりがちょっと笑えます。レイモルドじゃないみたい。でもこの方この10年ですごく変わった設定です。クララのお母さんマリエールに出会ってから変わったのかもしれませんが、女性好きになって、結婚はしないけれど恋愛はする人に。クララちゃんの手前そんな一面は隠していますけれどね。

2011/1/30,「グロリアの物語」番外編「ティフィル」更新。全3ページです。これは本当オマケみたいなものです。西の国の章のティフィルとカルレイラのお話です。「秋」に出て来たマリエールはティフィルが来る前のカルレイラの恋人でしたが、妊娠に気づいて城を去り、密かに娘クララを産みます。その後子供を人に預けながら城へ通って働いていました。マリエールもこの西の国の章の時点で城で働いているのですがもうカルレイラとは関係を持っていないようです。最後までカルレイラはこの娘クララの存在を知らずに終わりますが、彼の望み通り優しい女の子に育ちます。

2011/1/18,「グロリアの物語」番外編「秋」3更新。この短編はこれで終わりです。この後第9章へと話は進みます。

2011/1/17,「グロリアの物語」番外編「秋」2更新。やらかしてしまいましたがここだけの話レイモルド君実は女性初めてではありません。帝王学の一環として女性のお勉強もしていたはずです。なにしろ傍にあのアールンネマルク先生がいるのですから。二度も振られて帰って来たレイモルドを見て、お母様のアリーズ王妃は「アールンネマルクがついていながら」と呆れ果てながらも、根が明るい人なので息子をからかって慰めてやるのでした。
2011/1/16,「グロリアの物語」番外編「秋」1。3ページくらいで終わる予定です。第8章「誰も踏み込まぬ森の章」7節以降、レイモルドはグロリアを探しに森の中に入ります。しかしやがて自暴自棄になり供ともはぐれ一人放浪することになりました。本編で簡単にしか触れていなかったその頃の様子が今あきらかに。

2010/3/4,中世ヨーロッパ的な文学に関する雑記、フーケー「ウンディーネ」に加筆しました。
2008/10/18,「グロリアの物語」最終章エピローグを書き換えました。以前からわかりにくいと思っていたので、話を分かりやすくするための差し替えです。でも、「シイちゃん」が消えてしまった・・・
2008/8/28,「グロリアの物語」に中世ヨーロッパ女性の服装に関する雑記載せました。てきとーです。
2008/3/25,「ランダルと妖精の森6.裏切り」更新。これで完結です。ああやっぱりどろどろのお話になってしまいました。私が書くとどうしてもね・・・。
2008/3/14,「ランダルと妖精の森5.ジャスミンの花」更新。ジャスミンがヨーロッパに生息しているかはわかりませんが・・・ここはイメージでこの花を選びました。あと1ページで終わる予定です。あまり劇的な物語にはせず、静かにひっそり終わる話にするつもりなんです。
2008/3/7,「ランダルと妖精の森4.雨の唄」更新。前回の更新から1年半以上経ってしまいました。ちょっとまったりした感じになってしまったかも。でもこの後は急展開の予定です。ストーリーは単純なのでできるだけ味のある文章がかけたらいいのですが・・・。
2006/12/2,「短歌」のページに1年前くらいに作った歌を載せておきました。。。最近短歌も作っていないです。また少しずつ文筆活動も再開したいと思っています。
2006/6/2,「ランダルと妖精の森3.アシュリン姫のこと」更新。前回の更新が3ヶ月も前だったとは自分でもびっくりしました。プライベートで最近とても忙しくなってしまったので、更新ペースはしばらくゆるやかになると思いますが、早く完成させたいです。アイルランドはどんなところなんでしょう。行ってみたいです。
2006/2/28,「ランダルと妖精の森2.喜びが丘の妖精」更新。ランダルというのはアイルランドではなくイギリス系の名前らしいですね?でもまあ時代考証など完全無視なんで、あまり深く考えないでください。
2006/2/21,「ランダルと妖精の森」連載開始。私の好きな中世風物語ですが、ほとんど全部空想です。ただし、元はアイリッシュオールドバラッドにヒントを得ました。
2006/1/10,「グロリアの物語」南の国の章前編6−4に加筆しました。1行目のピンクのカーネーションから、次のピンクのカーネーションアイコンまで。でもこの辺りは説明の為に付け加えた文章なので、既に読んで下さっている方は読まなくても大丈夫です。
2006/1/10,「グロリアの物語」誰も踏み込まぬ森の章8−9に加筆しました。1行目の紫のクローバーアイコンから、次の紫のクローバーアイコンまで。ヴェナン・ド・クロポオはご存じ?
2006/1/5,お気に入り和歌3を更新。
2005/11/7,お気に入り和歌を更新。今回は俳句も入ってます。
2005/11/1,お気に入り和歌を更新しました。私のハンドルネーム「なのり」の由来を明らかにしましたが(笑)この文脈だとなんとなく、私が「そういう」女性のようですね(^^;いえいえ、そういう意味ではなく、ここにいる「なのり」もまた「名乗ることのできない」(後ろ暗いからじゃなくて)人間なのです。
2005/10/11,「ナルアニーエの手記」その3更新しました。完結です。これで一応「グロリア」シリーズはおしまいです。最後まで読んでくださった方、どうもありがとうございます。ジノーのことはやはり心が痛みます。
2005/8/26,「ナルアニーエの手記」その2更新しました。なんだか昔のグロリアに戻ったみたいな行動です。グロリアはやっぱり頂点まで登りつめなきゃ。それにつけても気の毒な方が約一名・・・損な役回りばかりでごめん。
2005/8/9,「ナルアニーエの手記」短編全3ページの連載開始。グロリア完結から3ヶ月も経ってしまいました。その後、グロリアはどんな人生を歩むのかな〜。・・・って、やっぱり波乱に巻き込まれねば済まないようです。なにしろ絶世の美女ですから。
2005/5/8,「グロリアの物語」9章10節更新。長かったこの物語もおかげさまでめでたく完結致しました。まさか本当に完結するとは(?!)作者から、グロリアにエールを贈っときます。それにしても気の毒な人が約一名。。。この続きの大まかなお話は、番外編として近々短編を掲載予定です。
2005/4/15,「フォークダンスの神が降臨する」めでたく完結です。最後ちょっとくどかったかな。
2005/3/29,「フォークダンスの神が降臨する」2-17更新。わけわからないけどいよいよクライマックスへ一直線。がんばれ我が愛すべきフォークダンス部。
2005/3/21,なのりのお人形部屋作りました。ジェニーなどの27cmドールです。っていうかいいかげん小説復帰しないとなあ。
2005/3/3,「フォークダンスの神が降臨する」2-16更新。すみません、気が付けば一ヶ月空いていました。さて、いよいよ期限到来!どうする杉並大学フォークダンス部!戦え真理子さん!
2005/2/8,「グロリアの物語」最終章9-9更新しました。う・・・。9-7と9-8の間で、グロリアの心情に断絶があるような気がするんですけど・・・。まあとにかく終わりは近い。マーセントリウスはやはりそう来ますね。マーとグロリアくっつけるとどうしてもマーが割を食うよなあ。
2005/2/2,「フォークダンスの神が降臨する」2-15更新。いよいよ当日。初っ端から困ってますね。がんばれ・・・
2005/1/25,「フォークダンスの神が降臨する」2-14更新。賭け事はいけません。また年下の美少年を登場させてしまいましたよ。このパターンは微妙〜に好きですね。
2005/1/19,「グロリアの物語」最終章9-8更新しました。最終章は9ページまでで終わりにしようと思っていたんですが、10ページまでに延長することにしました。このあたりの人々の気持ちの投げかけあいは表現するのがとても難しいです。でもそれぞれがそれぞれに思いやりあっているのでした・・・。
2005/1/19,「グロリアの物語」第8章の1ページ、グロリアの戴冠式の記述を少しあいまいにしました。もともと宗教的な色彩が入らないようにわざと人の手による戴冠式という形にしようかと思っていたんですが、わざわざ書くのをやめました。
2005/1/12,「フォークダンスの神が降臨する」2-13更新。おまけ付。「わずかなものすらいとおしい」にお気に入りマスコット3つ追加。フォークダンスも勢いで書き始めてしまいましたが、わけわからない世界になってきましたね・・・。ということでバトルが始まります。
2005/1/4,「フォークダンスの神が降臨する」2-12更新。一年生獲得はほんと大変ですね〜。そういうの得意な人がいましたけど、営業の仕事とかやったらいいのではないでしょうか。私は苦手でした。
2004/12/31,「グロリアの物語」第6章の11ページ目を付け加えました。また後からの加筆ですみません。ほんというとこの辺りあまり気に入っていなかったので思い切りよくずばっと捨てていたのですが、この辺書いていないと話がわかりにくいので拾ってきました。アールンネマルク先生は意地悪です。でもグロリアは先生が大好きなんです。
2004/12/22,「フォークダンスの神が降臨する」第2話「存続の危機編」その11更新。学校にポルシェに乗っていらっしゃるとは。完全なアホキャラ...
2004/12/20,「わずかなものスライトおしい」にマスコット2点アップ。ダイソーもあなどれませんよ。
2004/12/17,「グロリアの物語」9章7節更新。あいかわらずグロリアはモテモテですが、ますます寂しく悲しい日々。でもまあ、まだあれから一年も経っていないので当然でしょうねえ。それにしてもこのページ見にくいですね。すみません。
2004/12/14,「フォークダンスの神が降臨する」第2話「存続の危機編」その10更新。長くなってしまいました。この前半をその9に入れればよかった。さて第二の事件が起こります。
2004/12/9,「グロリアの物語」最終章6節更新。淡々と時間は流れていきます。グロリア、幸せになって欲しいですが・・・。それにしてもあいかわらずのモテモテぶり。
2004/12/9,「フォークダンスの神が降臨する」第1話「ラウンドの女王編」の設定をちょっと変えました。第1話の話には影響の無い細かい変更ですが、主人公の名字を「四宮」に直したのと、活動日を土曜→金曜に書き換えました。
2004/12/5,「フォークダンスの神が降臨する」第2話「存続の危機編」その9更新。極秘・「打倒学生連合」対策委員会本部。
2004/12/4,「グロリアの物語」最終章5節更新。気が重い。。。
2004/12/3,「フォークダンスの神が降臨する」第2話「存続の危機編」その8更新。桜木女史の過去。「自殺パンの恋」。
2004/12/1,「フォークダンスの神が降臨する」第2話「存続の危機編」その7更新。第一の事件が起こります。恐るべし桜木女史?!
2004/11/29,「フォークダンスの神が降臨する」第2話「存続の危機編」その6更新。また二十日もほったらかしてしまってました。じらすほどの話ではありませんが。事件は込み入ってきました。
2004/11/21,「グロリアの物語」9章4節更新。テルーの償い。
2004/11/10,中世ヨーロッパ系の文学に関するエッセーに、クードレット「メリュジーヌ物語」。グロリアの物語に出てくるお城の名前はここから取ったのでした。リュジニャンはフランスです。
2004/11/8,「フォークダンスの神が降臨する」第2話「存続の危機編」その5更新。一ヶ月もほったらかしてしまってました。長くなるかも。学生連合のもくろみは・・・
2004/11/3,「グロリアの物語」9章3節更新。苦しさと透明な涙と。別れはつらいものです。でも彼女が自分で決断したことです。一ページが長くなってすみません。
2004/10/22,「グロリアの物語」9章2節更新。皆さん憂鬱・・・
2003/10/21,リンク集のページ更新。でんさん、黒猫さんの「NIGHT MARE」
2004/10/8,「グロリアの物語」9章1節更新。最終章(全8ページ)開始です。ハラハラ。どうなるんだろう・・・。
2004/10/4,「フォークダンスの神が降臨する」第2話「存続の危機編」その4更新。噂の自殺パン。
2004/10/4,すみません、TOPから「フォークダンスの神が降臨する」第2話その3にリンクを貼ったつもりが、貼れていませんでした。直しました。
2004/10/1,すみません、「フォークダンスの神が降臨する」の主人公の大学名が、実際には無い大学ですが他で使われている名前だったので、「杉並大学」に変更させて頂きました。後になってからの変更、申し訳ありません。
2004/9/30,「フォークダンスの神が降臨する」第2話「存続の危機編」その3更新。怪しげな三人組が登場。
2004/9/29,「グロリアの物語」8章9節更新。「誰も踏み込まぬ森の章」完結。ハラハラ。グロリアかわいそうだよなあ。それにしても大変なことになりました。
2004/9/26,「グロリアの物語」8章8節更新。やっと章の名前の意味が判明・・・。
2004/9/24,わずかなものスライトおしい更新。いやし隊。
2004/9/13,「グロリアの物語」8章7節更新。トリスタンとイゾルデですね。レイモルドはまたトンビに油揚げ。
2004/9/7,「フォークダンスの神が降臨する」第2話「存続の危機編」その2更新。引き続き、がんばるふたり。
2004/9/6,「フォークダンスの神が降臨する」第2話「存続の危機編」更新。各話読み切り形式になりそうです。ちょっと軽めの娯楽系話・・・いや、現実では重いテーマだったり。
2004/8/27,「グロリアの物語」8章6節更新。さあ事件は起こります。
2004/8/26,短編小説「雛」更新。突発的に書いたサスペンスっぽいもの。救いが無いのであまりおすすめしません・・・っていうかこれは夕べの夢です。詳しい方夢判断求む。
2004/8/25,わずかなものスライトおしい更新。午後の紅茶のマスコットミニ。
2004/8/24,リンクのページに一件追加。Ojamaru HEAVEN
2004/8/23,「グロリアの物語」8章5節更新。何故にこんなに悩むかね
2004/8/14,「グロリアの物語」8章4節更新。グロリアよかったねー
2004/8/11,わずかなものスライトおしい更新。午後の紅茶のマスコット。
2004/8/6,「グロリアの物語」8章3節更新。そして再会。聞いてる方もつらいですねえ
2004/8/4,わずかなものスライトおしい更新。NAO'S Stuffのマスコット。
2004/7/28,「グロリアの物語」8章2節更新。幼い頃の記憶が突如...。グロリア大ショック。
2004/7/27,わずかなものスライトおしい更新。
2004/7/21,「グロリアの物語」8章始まりました。グロリアいろんな人と再会。
2004/7/20,「ウンディーネ」。何だろう。エッセイのようなものを書きました。
2004/7/17,「グロリアの物語」7章完結です。とんびに油揚げ。。
2004/7/11,「グロリアの物語」7章6節更新。レイモルドが帰ってきました。そしてとうとう、ご対面。。。
2004/7/11,わずかなものスライトおしい更新。シナダカンパニーのマスコット。
2004/7/7,「グロリアの物語」7章5節更新。グロリアも大分落ち着いてきました。多分。レイモルドは少し大人になったでしょうか。
2004/7/7,サイトお引越し。ここへ移りました。
2004/7/6,サイトお引っ越し作業開始。
2004/6/30,「グロリアの物語」7章4節更新。あれ、いきなり城門突破してます。さて、立派な(?)王になったマーセントリウスは・・・
2004/6/30,サイト引越し準備開始
2004/6/27,「わずかなものスライトおしい」更新。種類別に分類してページを作りました。
2004/6/24,「グロリアの物語」7章3節更新。戦が始まってしまった〜。そしてグロリアの幼い頃の事が徐々に...。
2004/6/22,「グロリアの物語」4章1節に加筆。クローバーの画像からクローバーの画像まで。(本文5行目〜「両親には...から、彼女を説得したのだった。まで
2004/6/16,「グロリアの物語」7章2節更新。
2004/6/9,「グロリアの物語」、章立てを変え、第7章の1節(新ページ)更新。
2004/6/1,「わずかなものスライトおしい」更新。
2004/5/27,「グロリアの物語」第7章の3節更新。登場人物一覧も追加
2004/5/25,チョテナーダのページを作りました。
2004/5/13,「グロリアの物語」第7章の2節更新。南の国の章後編
2004/5/1,「グロリアの物語」第7章の1節更新。南の国の章後編
2004/4/13,「グロリアの物語」第6章の7節まで更新。
2004/4/5,「グロリアの物語」第6章の6節まで更新。
2004/3/31,「グロリアの物語」第6章の5節まで更新。



2003/1/24,「二月はじめに・・・」サイトオープン。

TOPに戻る

素材:Fiore